So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『西郷どん』第4話「新しき藩主」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、先ほど拝見致しました。
先週までは、若干の突っ込みどころも楽しんでいましたが、
ちょっと今週の展開は...と思ってしまいました。
まぁもう少し、今後の展開を見守りたいとは思いますが...

毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『西郷どん』公式サイト(NHK)

引き続き、島津斉興(加賀丈史さん)と由羅(小柳ルミ子さん)はかなり悪役です...
私もそこまで薩摩のことに詳しくはないですが、ちょっと大げさな気がしました。

さて、前回、父・西郷吉兵衛(風間杜夫さん)から赤山靱負(沢村一樹さん)の切腹を聞いた
西郷吉之助(鈴木亮介さん)や大久保正助(瑛太さん)...
気持ちを抑えきれず、意を決して島津久光(青木崇高さん)に直訴に向かいます。

久光は成敗しようとする家臣を止めるのですが、意見を聞いてくれる訳ではなく、
「自分ではどうしようもできない」と逆ギレして去って行きました。
その時のケガを自宅に戻って治療していると、そこへ靱負の弟・久武(井戸田潤さん)が...
吉兵衛に、靱負の介錯を依頼するためでした。
その際、吉之助らにも靱負の屋敷へ来るように...と伝言が。

ちょうど、同じ頃に例の芋泥棒・中村半次郎(中村瑠輝人さん)が
お礼を兼ねて芋を届けに来ていました...その芋を持って、吉之助は靱負のもとへ...
悲しみに沈む吉之助や正助、大山格之助(北村有起哉さん)、有村俊斎(高橋光臣さん)らを前に、
遺言とも言えるような話を明るい表情で話す靱負。
吉之助らも何とも言えない表情です。

城に戻った久光は、由羅の身を案じています。
江戸では、由羅の呪いをネタにした瓦版が発行されたようです。
一方、由羅はその恨みを一身に受ける覚悟を固めている...ようです。

翌日、靱負は予定通り、吉兵衛の介錯で切腹します。
久武と一緒にそこに同席した吉之助...その瞬間、世界が白黒になったようでした...
そこへ吉兵衛が介錯の際に身に着けていた着物を持って来ます。
その鮮血が吉之助の感情を高ぶらせます。
吉兵衛が制止して、その場は何とか収まるのですが...

更に、正助の父・大久保次右衛門(平田満さん)も喜界島へ島流しになっていました。
最後に吉兵衛と相撲を取る次右衛門ですが...悔しさは隠し切れません。

一方、江戸では、斉彬(渡辺謙さん)にも靱負切腹の報せが届きます。
また、吉之助からの書状がたくさん届いている模様...斉彬の決起を促しています。
そんな中、斉興が新年の挨拶で将軍に謁見...そこで阿部正弘(藤木直人さん)から、
官位の代わりに茶器を...隠居勧告を受け取ります。

由羅とともに斉興が待つ部屋へ斉彬が向かいます。
そこで、吉之助からの書状や、例の血の付いた着物の話をする斉彬。
止めようとする由羅を一喝し、何とロシアンルーレットで藩主を決めようと言い出します。
斉彬は引き金を引いたのですが弾は出ず、斉興は引けない...という展開。
その後由羅が斉彬に向かって引き金を引くと発砲...色々な意味でどうなんでしょうか...
斉彬は、叙勲の話を伝え、斉興は渋々隠居を受け入れます。

藩主交代の報せは、薩摩にももちろん届きます。
吉之助からそのニュースを聞いた正助も喜びます。
父親の島流し生活も、いずれ終わるのではないか...という期待が膨らみます。

そして、斉彬のお国入りが行われます。
藩士らが雄叫び(と言うかスタンディングオベーション...?)をあげるわ、
いきなり立って斉彬に話しかける子どもら何のお咎めもないわ...かなり型破りです。
吉之助も、何と表記して良いかわからない雄叫びをあげています...

というところで、今回は幕となりました。
来週は、藩主としての斉彬が始まる訳ですが...果たして。
ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

『西郷どん』第3話「子どもは国の宝」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、録画で先ほど拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『西郷どん』公式サイト(NHK)

今回は、いわゆる「お由羅騒動」の経緯についてでした。
総合的には、割と昔から言われている筋書きをなぞっている感じでした...
由羅(小柳ルミ子さん)が特にやや悪意を持って描かれているように見えるのが少し...(苦笑)

まずは、西郷家の窮状について、です。
吉之助(鈴木亮介さん)の祖父・龍右衛門(大村崑さん)が病気がちで、
そこへ更に弟までが食あたりらしい症状で苦しみだします。
山で熊吉(塚地武雅さん)と猪を刈って来た吉之助は、その猪を売りに行くと言って、
父・吉兵衛(風間杜夫さん)と言い争いになってしまいます。
お隣さんの大久保正助(瑛太さん)・次右衛門(平田満さん)親子に止められますが...

結局、吉兵衛・吉之助は赤山靱負(沢村一樹さん)の紹介で商人に借金に行きます。
上から目線で依頼する吉兵衛では話にならず、吉之助が土下座して何とかお金を借ります。
「領民のことを考え、裏表がない」という、少しわざとらしい誉め言葉...

その帰り、お金の感触を楽しむ親子の前に、父親が追放された武士の子が、
畑から芋を盗もうとした、と追われているのを目撃します。
その子を救おうとして、逆にその武道の腕前に驚く吉之助...

その頃、江戸では島津斉彬(渡辺謙さん)が動いていました。
薩摩藩の密貿易などの悪事を、何と自ら老中首座・阿部正弘(藤木直人さん)にチクっていました。
正弘も、斉彬の決起を待っていたようで、早速捜査に着手します。

さて、薩摩では、西郷親子が借りた金で米を買い、一族その他にふるまっています。
ついでに熊吉の母親にも米を送ることにし、熊吉と吉之助が運んでいきます。
その晩は熊吉の実家に宿泊した吉之助らですが、
翌早朝、脱藩しようとしていた例の芋泥棒少年一家を目撃します。
死罪覚悟で藩を出ようとする一家を何とか説得し、大八車を貸す吉之助...

江戸では、正弘の取り調べが、調所広郷(竜雷太さん)に及んでいました。
全て自分の罪だと認めつつ、誰がチクったか気にする広郷...
そこへ斉彬が現れ、広郷も犯人を悟ります。
その晩飲みに誘う斉彬の誘いを断り、広郷は服毒自殺してしまいます...!!
「死なせたくはなかった」と酒を飲む斉彬ですが...何だか。

吉之助は、脱藩幇助の疑いで城に呼び出されます。
処罰が下りそうなところで、靱負が登場し、事なきを得ます。
正助と糸(黒木華さん)が助け舟を出したのでした...
靱負に武士たちの窮状を訴える吉之助と正助。
斉彬が藩主になる日も近い、と勇気づける靱負でしたが...

広郷自害の報せは、薩摩にも届きます。
藩主・斉興(加賀丈史さん)は激怒し、斉彬の異母弟・久光(青木崇高さん)を呼び出します。
由羅は、斉彬と喜久(戸田菜穂さん)の子を呪い殺した噂も立てられ、
若干わざとらしく自らの身にも危険が...と訴えます。
斉興は、斉彬派の面々を処罰し始めます。

周囲を気にして密会を続ける吉之助や正助。
吉之助の弟・吉二郎(渡部豪太さん)や大山格之助(北村有起哉さん)、有村俊斎(高橋光臣さん)、
村田新八(堀井新太さん)、有馬新七(増田修一朗さん)も加わっています。
そこへ、吉兵衛が、何と靱負が切腹処分、という衝撃ニュースを持って帰って来ます。

果たして、騒動はどういう結末を迎えるのか...というところで、本日は幕となりました。
史実は知っているとは言え、どういう描写をされるのか、気になります。
ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

『西郷どん』第2話「立派なお侍」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、先ほど録画で拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『西郷どん』公式サイト(NHK)
しかし、今年の公式サイトは、あらすじがやけに簡単ですね...

さて、今回から、いよいよ西郷吉之助(鈴木亮平さん)の登場です。
前回からおよそ6年、小吉は吉之助と名前を改め、年貢徴収の補助がお役目でした。
そこで、年貢を払えずに娘を借金のかたに取られそうになっていた平六(鈴木拓さん)に会います。
ちょうどやって来た借金取りに、上役の袖の下を勝手に使って払ってしまいます。

自分の給料まで使ってしまった吉之助は、帰りに鰻を獲ろうとして上手くいかず...手ぶらで帰ります。
弟が増えて10人の大家族になっていた西郷家...
相変わらず人助けばかりで家にお金を入れない吉之助は呆れられています。
父・吉兵衛(風間杜夫さん)にもキレられる始末...

と、そこへ幼馴染の大久保正助(瑛太さん)がやって来ます。
吉之助とは違い、事務系のお仕事に決まったご様子。

その頃、鶴丸城では、島津斉彬(渡辺謙さん)が江戸からオフィシャルにやって来ていました。
大砲を使用した大規模訓練の提案をするのですが、斉興(加賀丈史さん)は反対。
薩摩藩の財政を立て直した調所広郷(竜雷太さん)もサポートしてくれません。

一方、西郷家では、正助の就職祝いの宴が行われていました。
同じ郷中の仲間や、吉兵衛、満佐(松坂慶子さん)、正助の父・次右衛門(平田満さん)なども参加。
盛り上がっているところへ、赤山靱負(沢村一樹さん)が鯛を持って現れます。
そこに前回登場した岩山糸(黒木華さん)も成長して登場。
悪ふざけして鯛をひっくり返してしまう男たちを一喝します。

お城では、斉興が斉彬ではなく、弟・久光(青木崇高さん)に当主代理を任命。
斉興の隣の由羅(小柳ルミ子さん)も嬉しそうです...
その場を出た斉彬は、靱負に自ら琉球貿易をチクる計画を打ち明けます。
前回と比較すると、若干ワルそうな若殿様です...

その頃、吉之助は、引き続き平六とその娘・ふき(柿原りんかさん)を救おうと必死でした。
糸にふきの就職の世話を頼んだり、広郷に掛け合って年貢の計算方法を変えようとしたり...
ただ、実は平六の方も藩に秘密で隠れ田を開墾していたりして、どうにもならなくなります。
悩んだ吉之助は、靱負に斉彬に会わせてもらえるように頼み込みます。

靱負は、ちょうど翌朝江戸に発つ斉彬に会わせる算段を付けます。
その夜、吉之助は斉彬への書状をしたため、会見場所に向かうのですが...
ふきが借金取りに連れて行かれそう、という糸の報せを受け、そちらへ向かう吉之助。
結局ふきを救うことができず、失望する吉之助。
その上、靱負のセッティングにも間に合わず、斉彬にも会えませんでした...

さて、次回はいよいよ「お由羅騒動」が本格化する模様です。
今のところは、斉興がかなり意地悪く描かれていますが、果たして...

ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

『西郷どん』第1話「薩摩のやっせんぼ」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

いよいよ、2018年の大河ドラマが始まりました。
ちょっとご無沙汰しておりましたが、初回の感想をご報告致します。
あちこちで、あんまり評判は良くないようですが、個人的にはまだわからない...という感じです。

毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『西郷どん』公式サイト(NHK)

初回は、あらすじがどうこう、と言うよりも、背景や環境の説明、という感じでした。
冒頭は、西郷隆盛の銅像の除幕式...でした。
弟の西郷従道(錦戸亮さん)と三人目の妻・西郷糸(黒木華さん)が出席していますが、
糸が「西郷隆盛本人と違う」と言う...というエピソード紹介です。
ただ、理由は良くわからない...というナレーション(西田敏行さん)のフォロー付きです。
その後、隆盛(鈴木亮平さん)が映像で紹介されます。

さて、話は隆盛の幼少時代、小吉と呼ばれていた頃に遡ります。
演じているのは、渡邉蒼さんという方だそうです。
幕末の薩摩では、郷中教育と呼ばれる、いわば町内会単位での教育が実施されていました。
小吉も、下鍛冶屋町郷中というところに所属しているのですが、
他の郷中との競争、時々喧嘩が絶えないようでした。

また、薩摩藩では、
藩主・斉興(鹿賀丈史さん)と嫡男・斉彬(渡辺謙さん)が若干上手くいっていない感じ。
そこに、斉興の側室・由羅(小柳ルミ子さん)とその子・久光(青木崇高さん)が絡みます。
斉彬は、いち早く海外に注目しているのですが、逆にお金がかかり過ぎ...
そこへ由羅が食らいつこうとしている...という雰囲気を醸し出しておりました。

そんな環境で、主に紹介されたエピソードは...
- 西郷は腕白で力も強かったが、喧嘩がもとで刀傷を負い、腕が上がらくなった
- 女性が差別されていて、郷中にも入れない...のをシンプルに疑問に思っていた
- 斉彬と縁があって何度も遭遇し、感銘を受けた
という感じでしょうか。

とは言え、下級武士の家である西郷家や大久保家...
小吉の父・吉兵衛(風間杜夫さん)や母・満佐(松坂慶子さん)、
祖母・きみ(水野久美さん)、祖父・龍右衛門(大村崑さん)、使用人・熊吉(塚地武雅さん)など、
味のあるメンバーが配置されています。
後ほど、瑛太さんが演じる盟友・大久保利通の少年時代は石川樹さんが演じ、
その父・次右衛門は平田満さんです。

また、各郷中の指南役として、赤山靱負(沢村一樹さん)が登場。
お由羅騒動にも絡む役回りですが、初回はかなり頼りがいのある雰囲気でした。
次回からは、いよいよ鈴木亮平さんが登場し、話が展開していくようです。

ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ